ヒーローまとめてワンダー・ソーときどき映画と剛力彩芽

『アベンジャーズ』や『ジャスティス・リーグ』等のコミックヒーローを中心とした、2ch.scやTwitter等のまとめブログです。 管理人の趣味で時々、普通の映画や剛力彩芽さんの話題もおまとめします。 『アベンジャーズ』(Avengers)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックスに登場するヒーローチーム。 中核となるメンバーはキャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、アイアンマン。 『ジャスティス・リーグ』(Justice League)は、DCコミックス刊行のアメリカン・コミックスに登場するヒーローチーム。 中核となるメンバーはスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン。

    カテゴリ: ・映画ランキング


    【国内映画ランキング】「アウトレイジ」が首位! 2位「ナラタージュ」


    アウトレイジ最終章、見ました。本当に最終でしたね。美学。

    北野武監督の最新作が1位
    映画.com

    10月7~8日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。3連休のこの週末は2本の新作がランクインし、首位は「アウトレイジ 最終章」が獲得した。北野武監督・主演で裏社会に生きる男たちの抗争を壮絶に描いたバイオレンス映画の第3弾。全国287スクリーンで公開され、オープニング2日間で観客動員25万人、興行収入3億5200万円を稼ぎだした。これは最終興収14.5億円をあげた前作「アウトレイジ ビヨンド」(12年)の興収比126.1%の成績。前作超える興収20億円が期待できる好スタートを切った。

    2位は「ナラタージュ」が初登場。島本理生の同名恋愛小説を、松本潤と有村架純が共演し、行定勲監督のメガホンで映画化した。全国289スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員15万3000人、興収2億1600万円をあげた。この成績は、最終興収17.9億円を記録した松本主演「陽だまりの彼女」(13年)の興収比79.3%、最終興収28.4億円を記録した有村主演「映画 ビリギャル」(15年)の興収比75.8%。10代から50代まで幅広い層を集客しているが、初日アンケートによると客層の男女比は5対95と圧倒的に女性が多く、レディースデイの動員が期待される。まずは興収15億円が当面の目標となりそうな出足となった。

    前週首位デビューした「亜人」は新作の登場により3位、「僕のワンダフル・ライフ」は4位、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は5位と順位を下げたが、「ドリーム」は6位に浮上。7位「ダンケルク」と8位「三度目の殺人」はともに累計動員100万人を突破した。10位をキープした「怪盗グルーのミニオン大脱走」は累計動員が615万人、興収は72億円とその記録を伸ばしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国内映画ランキング】「アウトレイジ」が首位! 2位「ナラタージュ」】の続きを読む


    「亜人」が初登場1位!
    映画.com

    9月30日~10月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。10月最初の週末は3本の新作がランクインした。首位デビューしたのは「亜人」。劇場版&テレビ版としてアニメ化された桜井画門の大ヒットコミックを、佐藤健主演、本広克行監督の初タッグで実写映画化したアクション映画。全国341スクリーンで公開され、オープニング2日間で観客動員21万人、興行収入2億7200万円を記録した。最終興収15億円以上が期待できるスタートとなっている。

    【国内映画ランキング】1~10位まではこちら

    2位には「僕のワンダフル・ライフ」が初登場。ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化した感動作だ。9月29日より公開され、土日2日間で動員13万9000人、興収1億6300万円をあげた。幅広い層を動員しており、まずは興収10億円が当面の目標となりそうな出足となった。

    7位に初登場したのは「ドリーム」。1960年代のアメリカNASAで活躍した黒人女性を描き、第89回アカデミー賞で3部門にノミネートされたヒューマンドラマ。29日より全国63スクリーンで公開され、土日2日間で動員4万2739人、興収5060万9100円の成績。これは今年3月に公開され最終興収3億円をあげた「ムーンライト」(全国75スクリーン)の興収比106.3%、14年に公開され最終興収4億円をあげた「それでも夜は明ける」(全国57スクリーン)の興収比124.8%と、オスカー作品賞2作品を凌ぐスタートを切った。29日早朝から幅広い年代が劇場に詰めかけ、3日間では動員5万4652人、興収6514万4200円を記録している。

    なお、前週首位デビューした「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は3位に後退したが、週末2日間で動員11万4000人、興収1億3000万円をあげた。「ダンケルク」は4位、「三度目の殺人」は5位で、「あさひなぐ」は6位に順位を下げている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    やはり亜人とワンダフル・ライフですか。先週は映画見にいけなかったんだよね。今週はアウトレイジ行きます。
    (@^^)/~~~

    <このニュースへのネットの反応>

    【【国内映画ランキング】「亜人」首位奪取!2位は「僕のワンダフル・ライフ」】の続きを読む


    シネマズ by 松竹

    先週末(2017年9月23日〜24日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

    全国映画興行ランキング


    1位(NEW)『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
    2位(NEW)『あさひなぐ』
    3位(↓)『ダンケルク』
    4位(↓)『三度目の殺人』
    5位(↓)『エイリアン:コヴェナント』
    6位(↓)『関ヶ原』
    7位(↓)『怪盗グルーのミニオン大脱走』
    8位(NEW)『ユリゴコロ』
    9位(↓)『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
    10位(NEW)『スクランブル』

    今週の映画ランキングは初登場が3作品。

    初登場1位を獲得したのは山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。
    『ナミヤ雑貨店の奇蹟』関連のシネマズ記事はこちら

    (C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

    2位も初登場で、乃木坂46のメンバー西野七瀬主演『あさひなぐ』。
    『あさひなぐ』関連のシネマズ記事はこちら

    (C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会(C)2011 こざき亜衣/小学館

    また、第8位に吉高由里子主演の『ユリゴコロ』。第10位にはスコット・イーストウッド主演の『スクランブル』が初登場となりました。

    (C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY

    以上、今週のランキング(速報)でした。


    やはり『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が1位でしたか、管理人は先週末はエイリアンとエウレカを見たんです。迷ったんですけど・・・。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『ナミヤ雑貨店の奇蹟』1位!『あさひなぐ』2位!】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ